市川市民元旦マラソン|サイトマップ 

第65回市川市民元旦マラソン大会の様子 市川市民元旦マラソン開会式

開会式会長挨拶

市川市民元旦マラソン10qスタート

スタート

市川市民元旦マラソン大会

スポーツセンター走行中

第63回市川市民元旦マラソン
1.開催日 平成28年1月1日(祝)雨天決行
2.会 場 市川市スポーツセンター及びその周辺
※今大会から5km・10kmのコースが一部変更になりました。
3.日 程 (受付)8時00分〜40分まで(必ず本人が受付して下さい。) 
(開会式)9時〜   (閉会式)全種目終了時
混雑が予想されますので早めに受付してください。受付の際に、「参加通知ハガキ」と引き換えに計測チップ付のナンバーカードをお渡しします。
※ゴール後、計測チップを回収します。
返却されない場合、2,000円の個人負担をしていただきます。
4.種 目
  部 門
  参加費
  スタート時間
種目番号 種目 部門 参加費 スタート
時刻
1 10km男子 高校生〜39歳以下 1300円

9時40分

2 40歳〜59歳以下
3 60歳以上
4 10km女子 高校生〜39歳以下
5 40歳以上
6 5km男子 中学生〜39歳以下 1300円
(中学生600円)

9時50分

7 40歳〜59歳以下
8 60歳以上
9 5km女子 中学生〜39歳以下
10 40歳以上
11 2km男子 30歳以上 1300円
(中学生600円)
9時55分
12 2km女子 中学生
13 一般(高校生、大学生は除く)
14 ファミリー2km 小学4〜6年生と
保護者の2人1組
1300円
15 ウォーキング
4.9km
小学生4年生以上の男女 600円 9時30分

※10kmは制限タイムを設けます。5km通過地点で35分、ゴール70分で競技を打ち切ります。タイムは、グロスタイム(スタート合図からの時間)で行います。

※年齢は、平成28年1月1日現在の年齢となります。

※参加費の内訳は、ナンバーカード・記録証(完歩証)・参加通知ハガキ・保険料等の費用とします。
5.参加資格 市内在住・在勤・在学の小学4年生以上の男女
(20歳未満の方は、保護者の同意が必要です。)
但し、※1 市外居住者で市川市体育協会加盟団体登録者・いちかわ歩こう会登録者及び市内の学校の卒業生は参加可。市外居住者は、学校名、会社名を申込書の市外者欄にご記入してください。
6.表 彰 (1)順位賞 種目番号1〜14番の部門ごとの1〜3位まで表彰 (ウォーキングは除く)
(2)記録証・完歩証 完走者全員・完歩者全員
(3)参加賞 参加者全員 
7.申込方法 広報いちかわ10月17日号に掲載
参加希望者は、パンフレットの郵便振替用紙に所定の事項を記入し、お近くの郵便局で参加料をお支払い下さい。(申込書は、ファミリーを除き1人につき1枚の申込みとなります。)
※参加料の他に別途手数料(130円)がかかります。
申込期間 平成27年10月19日(月)〜11月19日(木)
8.申込書配布 (1)市川市役所 本庁舎内及び市内広報スタンド
(2)市川市スポーツセンター
(3)塩浜市民体育館・信篤市民体育館
(4)行徳支所・大柏出張所・市川駅行政サービスセンター・南行徳市民センター
(5)市内公民館等 各施設
9.誓約事項 1自己の責任において健康を管理し、本大会に参加します。
2 競技中の事故については、主催者は傷害保険の範囲と応急処置以外の責任は一切負いません。
3 競技中に競技役員により、競技続行不可能と判断されたときは、その指示に従います。
4 申込み後の参加費の返金及び種目の変更はできません。また、天災・荒天などにより中止の場合も参加費の返金はいたしません。
5 年齢・性別の虚偽申告、本人以外の出場は認めません。
6上記45、または過剰入金・重複入金の返金はいたしません。
7 手荷物は、所定の場所で保管できますが、盗難、紛失忘失等の責任は負いません。
10.その他 1申込み後、12月18日以降に「参加通知ハガキ」が届きます。 大会当日は、必ずご持参下さい。
2参加者は、必ず競技役員、警察関係の指示に従ってください。
3大会当日の参加申し込みは、受け付けておりません。
4ゴール後、計測チップを回収します。受付のみで出走されない方、途中棄権の方も必ず返却して下さい。返却されない場合は、2,000円の自己負担をしていただきます。
5駐車場は、大会会場周辺に用意しておりますが、台数に制限がありますので、なるべく公共交通機関をご利用ください。
6申込みいただいた参加者の皆様の個人情報は、実行委員会事務局が慎重に取り扱い管理し、大会参加者へのサービス向上を目的とし、参加案内、プログラム、記録発表等に利用します。また、実行委員会事務局から申込内容に関する確認連絡をさせていただく場合があります。
問合せ先(事務局)  〒272−0827 市川市国府台1丁目6番4号市川市スポーツセンター
              市川市保健スポーツ部 スポーツ課内
              【第65回市川市民元旦マラソン大会】実行委員会事務局
              電話番号047−373−3112
市民元旦マラソン

現在、日本国内で行われている多くの元旦マラソンの中で、市川市民元旦マラソン大会は永い歴史を持つ全国的に誇れる伝統的な行事であります。  

この大会は昭和23年以来、市川市立国府台中学校(現・県立国府台高等学校)陸上競技部の冬期訓練として、国府台をスタートし、松戸街道から葛飾橋を渡り、柴又帝釈天を通り、江戸川橋を回って国府台まで1万2千メートルのコースで行われていたものを、市川市体育協会創立(昭和25年)を機会に、市川市体育協会の行事として取り上げ、広く市民の体力づくりのために昭和26年元旦に第1回大会が開催された。

当初は、柴又帝釈天初詣マラソンとして、市川小学校から柴又帝釈天往復の1万メートルのコースで行われたが、京成小岩の踏切の関係で第3回大会(昭和28年)より、市川駅から中山折り返し、市川小学校ゴールの1万メートルコースに変更され、同時に市川市・市川市体育協会の主催行事となった。  

以後、第13回大会(昭和38年)まで千葉街道を走り続けたが、交通事情により第14回大会(昭和39年)より不二女子高等学校〜大柏往復の1万メートルコースに変更され、第38回大会(昭和63年)から大柏地区で開催され、第40回記念大会(平成2年)では、市の中央部である冨貴島小学校周辺で開催し、第41回大会(平成3年)から、現在のスポーツセンター周辺で実施している。  

また、第26回大会(昭和51年)より種目を変更し、市民が気軽に参加でき、自己の体力に応じたコース(距離)を選び、完走の喜びを味わう健康増進のための大会となった。第35回大会(昭和60年)には女子の5キロの部を設け、第39回大会(昭和64年)から新たにファミリーの部を設け親子で楽しく参加できる内容とした。そして第45回大会(平成7年)からは、女子の10キロの部を新設した。  

さらに、第50回記念大会(平成12年)に、ウォーキングの部を新設し、第60回記念大会(平成22年)では計測チップを導入し、10km、5kmを年代ごとの部門を増設し、幅広い世代の方が入賞する喜びを味あうことができる大会となった。  

この歴史ある元旦マラソン大会も、コースや内容が多少変わったが、多くの市民に親しまれ、この間に多くのマラソン、駅伝ランナーを輩出するとともに、今では新年の健康的な行事として市民に定着しています。

大会結果
Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただけない場合にはAdobe Readerをダウンロードして下さい。

年度別市川市民元旦マラソン結果

2015.1.1 第65回市川市民元旦マラソン大会結果

2014.1.1 第64回市川市民元旦マラソン大会結果

2013.1.1 第63回市川市民元旦マラソン大会結果

2012.1.1 第62回市川市民元旦マラソン大会結果

戻る